歯列矯正歯科TV
Web無料相談 サイトマップ サイトポリシー 運営者のご案内
TOPページへ
矯正歯科の基礎知識
歯と歯並びの役割
歯と歯並びの役割
悪い歯並びの原因
悪い歯並びの影響
悪い歯並びとは?
叢生(そうせい)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
開咬(かいこう)
空隙歯列(くうげきしれつ)
矯正法の種類
一般的な矯正法
見えない矯正法

ハリウッド・スマイル矯正歯科

矯正歯科のすべて
戻る
矯正法の種類
110


誰にも気づかれずに矯正したい方に最適な治療法です。

他人に気付かれない。それが見えない矯正治療の最大のメリットです。
今まで、矯正治療を受けることを考える方にとってネックになっていたのは、金属や透明の装置が外側から目立つということでした。
そのため興味はあっても治療に踏み切れない場合も多くみられました。
たしかに営業職の方や女性にとっては、1年以上も装置を外側に付け続けるのは、かなり勇気のいることかもしれません。
「誰にも気付かれずに矯正したい…」と考えの方は、お気軽にご相談ください。


リンガル法(舌側矯正)●リンガル法(舌側矯正)
従来の方法のように歯の表側ではなく裏側につけるので、誰にも気づかれずに矯正治療できます。舌側矯正の場合、歯の裏側に小さな金具(ブラケット)を取りつけます。歯の外側に金属のブラケットを取りつけていたために、どうしても治療中であることが目立っていたこれまでの方法とちがって、外側からはまったく目にふれることはありません。舌側矯正の場合も3〜4週間ごとに調整が必要です。

●アプライアンス法(ノーブラケット法)
アプライアンス法(ノーブラケット法)ブラケットをつけずボクシングのマウスピースのようなプラスチックの装置を咬むことで、歯やあごを正常な位置に動かします。


戻る
TOPページへ