歯列矯正歯科TV
Web無料相談 サイトマップ サイトポリシー 運営者のご案内
TOPページへ
矯正歯科の基礎知識
歯と歯並びの役割
歯と歯並びの役割
悪い歯並びの原因
悪い歯並びの影響
悪い歯並びとは?
叢生(そうせい)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
開咬(かいこう)
空隙歯列(くうげきしれつ)
矯正法の種類
一般的な矯正法
見えない矯正法

ハリウッド・スマイル矯正歯科

矯正歯科のすべて
戻る次へ
矯正法の種類
109


ラビアル法
古くからある一般的な矯正方法です。使用するブラケットにはメタル、セラミック、プラスチックなどさまざまです。確実性が高く、微調整も容易です。



装置の種類

●メタルブランケット
もっとも一般的なブラケットで、メタルが比較的一番料金が安く、歯を動かし易いそうです。歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。

●プラスチックブラケット
これまでのプラスチックブラケットは、ワイヤーに溝を削られて治療速度が遅くなるという欠点がありました。現在では治療期間も金属ブラケットと変わらなくなっています。

●QMC
ワイヤーもチューブもすべて透明なため、ほとんど目立ちませんが壊れやすいという難点があります。また、通院感覚も1〜2週間に1度と短くなります。

●スピードブラケット
スウェーデンで開発された最新のブラケットです。頻繁なリング・ワイヤーの交換が必要となります。

●ジルコニア(セラミック)
素材がダイヤモンドということで、非常に丈夫で壊れにくく、美しいという特長があります。

●セラミックホワイトワイヤー
ホワイトコーティングされたワイヤーのため、遠目には装着していることがほとんど分かりません。治療の段階で黒やシルバーのワイヤーが入ることもあります。

●ゴムリング
金属、プラスチック、ダイヤモンドなど、さまざまなブラケットに使うことができます。透明で目立たないものもありますが、どの色を使うかは患者さんが自由に決めることができます。


戻る次へ
TOPページへ