歯列矯正歯科TV
Web無料相談 サイトマップ サイトポリシー 運営者のご案内
TOPページへ
矯正歯科の基礎知識
歯と歯並びの役割
歯と歯並びの役割
悪い歯並びの原因
悪い歯並びの影響
悪い歯並びとは?
叢生(そうせい)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
開咬(かいこう)
空隙歯列(くうげきしれつ)
矯正法の種類
一般的な矯正法
見えない矯正法

ハリウッド・スマイル矯正歯科

矯正歯科のすべて
戻る次へ
悪い歯並びとは?
108


すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯は空隙歯列(くうげきしれつ)といい、歯と歯の間があいていて、食べ物がはさまったり、前歯のすき間が目立ってしまう、といったような悩みがあげられます。
顎(あご)の大きさに対して、歯のサイズが小さいことや、先天的に歯の本数が足りないことなどが、原因にあげられます。
また、そのすき間に無意識のうちに、舌を押し付けたりしていると、症状が悪化することがあります。
すき間がとても多い場合や、歯がとても小さい場合には、人工の歯を用いる治療を行います。

すきっ歯(空隙歯列)

治療後イメージ
◎すきっ歯の治療例
治療前 治療後
治療前 治療後
治療前 治療後


戻る次へ
TOPページへ